厚生労働省と熱中症対策

厚生労働省が職場での熱中症対策の指針として、パンフレットを作成してい
ます。それだけ、熱中症対策が重要だと言えるでしょう。屋外で働く人が熱
中症になると重症となるケースが多いからです。
さて、そのチラシですが、事業主だけではなく労働者に対しても、熱中症を
防ぐための方法を説明しています。まずは、WBGT 値を測定し、低減に努め
ることを勧めています。
WBGT とは暑さ指数と呼ばれるもので、この値が高い職場環境であるほど熱
中症になりやすいのです。WBGT が基準値を超える恐れがある場合には何ら
かの対策を講じるようにしなければなりません。
それから、熱への順化期間の設定があります。熱い作業場所で仕事を開始し
た初日が熱中症の発生が高いことがわかっています。その期間を特に注意す
ることが大切なのです。
労働災害が発生すると、本人も大変ですし、会社にとっても損失となります。
そのことを理解して、熱中症対策をすることが大切なのです。
職場で大切なのは日ごろからの健康管理です。100%会社が管理することはで
きませんから、労働者一人一人が自分の体調に気を配っておくことが大切で

す。睡眠不足や疲れが溜まっている場合には、思い切って仕事を休むことも
考えましょう。
それから、応急処置についても知っておかなければなりません。どんなに対
策を立てていても、熱中症が起きることはあるからです。それでも、大事に
至らないように素早い応急処置をすることが大切ですね。職場の熱中症対策
ができているかをチェックシートで確認してみましょう。
厚生労働省と熱中症対策

環境省と熱中症対策

厚生労働省だけではなく環境省でも熱中症対策のマニュアルを作成してい
ます。保健衛生の立場から熱中症対策の考え方を説明したものです。熱中症
は労働者だけの問題ではなく、高齢者や幼児にとっても大きな脅威となって
いるのです。
熱中症は予防が大切です。十分な対策をすることによって、熱中症にならな
いで済むのです。屋外では帽子をかぶることが基本です。昔よりも紫外線の
量が多くなっていると言う調査結果もあります。
自分だけではなく子どもにも帽子をかぶる習慣を付けましょう。それから、
水分補給をこまめにすることです。これは労働者やスポーツの場合と同じで
す。
喉が渇いたと思った時には、体はかなりの水を欲していると言われています。
自覚しなくても一口ずつ水を飲むようにしましょう。
それから、長時間日光の下にいるのではなく、時々日陰で休息を取るように
しましょう。体の異常を自分で感じる時には速やかに涼しい場所に移動して、
衣服を弛めるようにしてください。
また、本人が異常に気づいていないことも多いですから、グループ内でお互

いを注意し合うことが大事です。応急処置として、体に水をかけたり、濡れ
タオルを当てたりすることも効果的です。症状によっては病院へ運ぶことも
考えてください。
もし意識がなかったならば、躊躇せず救急車を呼びましょう。救急車の到着
までは、水や氷で、首や脇の下、足の付け根などを冷やします。ヒートアイ
ランド現象や地球温暖化の影響で、思わぬところで熱中症となるケースが増
えているのです。
厚生労働省と熱中症対策

熱中症と熱

熱中症になると発熱する場合があります。もちろん、高温環境下により体温
調節ができなくなって熱中症になるのですから、ある程度の発熱はあります。
熱中症の症状が収まることによって発熱もなくなると考えてよいでしょう。
ただし、夏場の場合は熱中症ではなく夏風邪による発熱も考えられます。症
状が出た時にどのような環境下にいたのかが重要なことになります。いずれ
にしても、夏場は健康な人でも体力を消耗します。そのために体調を崩して
しまうことも多いのです。
高齢者や小さな子どもの場合には、家族が注意しておくことが大切ですね。
熱中症対策は家庭内であれば、家族ができるでしょうが、幼稚園などに行っ
ている間はどのような状態かわかりません。もちろん、何の対策をしないと
ころはないでしょう。現代では熱中症対策は一番重要な事柄だからです。
散歩などに行く場合でも十分な水分と適度な日陰が確保できなければ危険
なのです。熱中症になるかどうかは個人の体力にも依存しています。元々体
力がなく、ちょっとしたことで熱を出すような子どもであれば、熱中症に関
しても弱いと考えるべきでしょう。
親として幼稚園に通わせる時に子どもの体力について、先生に情報を提供し

ておくことも熱中症対策と言えるのかもしれません。インターネットなどを
読むと、子どもの熱中症に関する質問が多いような気がします。
大人の場合は誰が見てもわかるからでしょう。熱中症では熱だけではなく、
めまいや倦怠感もありますから、細かく観察することが大切ですね。
厚生労働省と熱中症対策

高温注意情報

気象庁は雷や雨の情報を毎日提供しています。最近になって、高温注意情報
を提供するようになりました。これは気温が35℃以上になると予想される
場合に発表されるものです。熱中症の対策のために利用することを想定して
います。
スポーツ大会やイベントなどで、あらかじめ高温注意情報を調べておくこと
で、熱中症対策を確実にすることができるようになります。気温によって熱
中症対策をどの程度考えておけばよいのかが変わってきます。
必要な準備ができることはとてもいいことだと思います。2011 年から気象
庁が発表するようになったものです。2012 年は6 月からの情報提供となり
ます。2011 年の場合は的中率が約80%と高かったために、かなり信頼性のあ
る情報となりました。沖縄と北海道が除外されていましたが、2012 年から
は全国の情報を提供するようになりました。
地球温暖化の影響でしょうか。全国的に高温になる日が増えてきているので
すね。
熱中症予防のためにグッズや方法をあるのですが、暑い日には外に出ないと
言うことが一番の対策となります。特に高齢者や乳幼児の場合には体力的に

も暑さに弱いと考えておきましょう。
高温注意情報を知ることによって、熱中症を未然に防ぐことを考えましょう。
暑いところに行けば、どのような対策をしたとしても、体力の消耗は防げま
せん。普段以上に疲れることは明らかです。自分だけではなく家族のことを
考えるようにしてください。
仕事をする場合でも、水分をどれくらい持って行けばいいのかの判断材料と
してください。
厚生労働省と熱中症対策

熱中症対策と天気

天気を知ることで熱中症になりやすい環境かどうかはある程度判断できま
す。したがってスポーツイベントなどを開催する場合や参加する場合には、
熱中症対策を考えておくことが大切です。
家を出る時には曇っていても、次第に天気がよくなり、予想外に高温になる
天気もよく見られます。外出する時にはいつでも水分補給ができるようにし
ておくことが大切です。
直射日光でなくても、体育館などでイベントが行われる時にはかなりの高温
多湿になってしまうこともあります。屋外だけが熱中症になるわけではない
のです。
気温も大事ですが、湿度や風の強さも重要なポイントです。風が強く涼しけ
れば、熱中症の発生は抑えられるからです。
熱中症と天気の関係を知りたければ、気象庁のホームページを参考にしまし
ょう。天気だけではなく、高温注意情報なども発表されていますから、適切
な活用を考えてください。少年スポーツの指導者などをしている人は子ども
たちの体力について気を配っておかなければなりません。
予想外に疲労が蓄積してしまうこともあります。熱中症の発生の可能性が高

いかどうかは天気を調べることによって、おおよそわかります。後はそのた
めの対策を確実に行うことです。水分補給や適度な休息が大切です。
自覚症状がないために、知らないうちにめまいがしてしまうことも多くなり
ます。体の異常を感じたならば、すぐに涼しいところで休息を取るようにし
ましょう。この場合は我慢することがいいことではないのです。
厚生労働省と熱中症対策

おすすめサイト

 

水素水セブンウォーターについてお伝えしています。水素水セブンウォーターの効果や口コミ・ランキングを参考に比較して利用目的に合った水素水サーバーを選びましょう。セブンウォーターの口コミ〈優れモノとして納得できるポイント〉.rtf. 水素水セブンウォーターって本当に効果あるの?? 多くの芸能人にも愛用されているという水素水。身体に悪影響を及ぼす活性酸素を除去してくれる、という優れモノで大人気ですね。 トップレベルの水素濃度@セブンウォーター 口コミ. まず水から変えましょう。 突然ですが人間の体は7割は水でできているって知っていましたか? もう今更の話だと思われるかもしれません。